自宅で何度も観る価値のあるコレクションすべき超オススメのDVD
ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]   ザ・ワン [DVD]   ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II [DVD]   We Are The World ~THE STORY BEHIND THE SONG~ [DVD]   DANGEROUS~ザ・ショート・フィルム・コレクション [DVD]   ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]   ムーンウォーカー [DVD]
MICHAEL
MICHAEL
2010年12月に発売されたマイケルの9年振りの最新アルバム
2001年発売の「インヴィンシブル」以来のオリジナルアルバムで未発表新曲10曲を収録。
フジテレビの「とくダネ!」で小倉智昭さんが絶賛していたアルバムです。

映画「THIS IS IT」 のDVDとブルーレイ

↑ 2010年1月27日にとうとう「THIS IS IT」のDVDとブルーレイが発売されました!

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】

マイケル・ジャクソン「VISION」完全生産限定なので売り切れる前に手に入れておきたいDVDです!

人気記事ランキング

1位:We Are The World(ウィ・アー・ザ・ワールド)の動画・歌詞・メイキング映像 ←超感動!

2位:ライヴ・イン・ブカレスト(DVD) ←失神者続出の完成度の高いライブ!

3位:ザ・ワン(DVD) ←マスコミ報道とは違うマイケルの本当の姿が分かるDVD!

4位:ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II(DVD) ←人前で初めてのムーンウォーク!

5位:ムーンウォーク(Moonwalk) YouTube動画 ←ムーンウォークはいかにして生まれたのか!?

6位:マイケルのDVDやCDをレンタルで借りる ←今なら8枚無料でレンタルできる!

よくある質問

◆わたしはマイケル初心者です。もしMJのDVDを1つ選ぶならどれがいいいですか?

1つ選べというのは非常に難しいですね。。でも、あえて1つ選ぶなら・・・はじめて観るマイケルのDVDとして1つ選ぶなら・・・やっぱりこのライブDVDでしょう。完璧主義者のマイケルが唯一DVDとしての発売を許可したライブDVDです。開始3分で失神者がでてしまう程の迫力を堪能できますし、「本物」という言葉の意味が分かるライブ映像です。

次に観て欲しいDVDはこれです。マイケルのアーティストとしての本当の姿が分かります。

マイケルのステージの完成度の高さは多くのミュージシャンが認めるところです。初めて人前でムーンウォークしたステージ映像や伝説となっている1995年MTV ビデオ・ミュージック・アワードのパフォーマンスを見たいならこのDVDです。

◆マイケル・ジャクソンの本当の姿を知りたいのですが、どの本がオススメですか?たくさんあって、どの本を読んでいいのか分かりません。。

マイケル・ジャクソンに関する情報は、残念なことにマスコミが勝手に創り上げた真実ではない情報が多くを占めます。なぜなら、世の中の多くの人が興味を示すスキャンダルな情報を流した方がテレビは視聴率が取れますし、雑誌も売れるからです。

私が知っている限り、マイケルほどメディアの犠牲になった人物はいません。それでも、信頼できる情報が書いてある本があります。私がオススメする本は現状では下記の4冊です。絶版になる前にぜひ真実に触れて下さい!

ムーンウォーク - マイケル・ジャクソン自伝
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝
マイケルによる唯一の自伝。MJ自身が語る言葉を読むことができる唯一の本。
マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009
マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009
MJの活動すべてを徹底調査し、時系列にそって詳細に記録した本。日本一の音楽評論家・吉岡正晴さんの翻訳。
新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書
新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書
日本一MJに詳しいミュージシャン・西寺郷太さんの研究本。マイケルの肌が白くなった本当の理由が分かります。
マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン (講談社現代新書)
なぜマイケルは誤解されたのか?ジャクソン家の人間関係、全盛期の混乱から少年虐待疑惑の真実、THIS IS ITの舞台裏まで。

« ライヴ・イン・ブカレスト(DVD) | メイン | ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II(DVD) »

ザ・ワン(DVD)

ザ・ワン [DVD]
ザ・ワン [DVD]

たったの39分という短いDVDだが、アーティスト・パフォーマーとしてのマイケルの偉大さが痛いほど伝わり、何度も観たくなるDVD。

このDVDはPVを集めたものではない。第三者がマイケル・ジャクソンを語るドキュメンタリーDVDだ。

マイケルが他のミュージシャンやクリエイターに与えた影響の大きさが分かるDVDだ。

インタビューを受けたメンバーは大御所や有名アーティストばかり。

幼い頃からのマイケルを知る人や、子供の頃にマイケルに影響を受けて自分もミュージシャンになった人など。

インタビューを受けた人物

ビヨンセ(Beyonce)<歌手・女優・元デスティニーズ・チャイルドのメンバー>

『マイケルがいなければ私は歌っていなかったわ』


アイザック・ヘイズ(Isaac Hayes)

『マイケルには大きな影響力があった』


ワイクリフ・ジョン(Wyclef Jean)

『やり方がユニークだ』


ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)<音楽プロデューサー・ファッションデザイナー・プロデュースチームザ・ネプチューンズと音楽グループN*E*R*Dのメンバー>

『誰も真似できない』


ディック・クラーク(Dick Clark)<司会/プロデューサー>

『人を驚かせる才能がある』


クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)

『個性的なアプローチだ』


カーソン・デイリー(Carson Daly)<司会/プロデューサー>

『彼に近づいた人はまだいない』


ミッシー・エリオット(Missy Elliott)<ラッパー>

『彼は今でもホットよ』


シャギー(Shaggy)<アーティスト>

ジョージ・クリントン(George Clinton)<アーティスト>

ジル・スコット(Jill Scott)<歌手/詩人>

セイヴィオン・グローヴァー(Savion Glover)<ダンサー/振付師>

メアリー・J・ブライジ(Mary J. Blige)<アーティスト>

ラファエル・サディーク(Paphael Saadiq)<アーティスト>

スティーヴン・アイボリー(Steven Ivory)<音楽評論家>


上記のアーティスト達が、下記の「チャプターリスト」に掲載しているマイケルの曲について、1曲1曲、想い出や当時の状況、今に与える影響などを語っている。


チャプターリスト

1,Part Ⅰ

・Ben(ベンのテーマ)
・Rock With You(ロック・ウィズ・ユー)
・Don't Stop 'Til You Get Enough(今夜はドント・ストップ)

ビヨンセが『Rock With Youが一番好き』と良いながら、マイケルのセクシーな歌い方を真似て歌う姿が印象的です。

非常にうれしそうな顔をして喋るビヨンセを観ていると、マイケルに憧れて尊敬して、そしてマイケルのことが大好きなのが伝わってきます。

また、「Don't Stop 'Til You Get Enough(今夜はドント・ストップ)」についてファレル・ウィリアムスはこう語る。

『女を口説くならマイケルだ』


2,Part Ⅱ

・Billie Jean(ビリー・ジーン)
・Beat It(今夜はビート・イット)
・Thriller(スリラー)

「モータウン25」での「Billie Jean(ビリー・ジーン)」は誰にとっても強烈なインパクトがあったようです。マイケルのきらびやかなグローブ(手袋)もここではじめて使われたとか。

ワイクリフ・ジョンはこう語る。

『男でも女でも、マイケル・ジャクソンにハマって当たり前だった』

音楽評論家のスティーヴン・アイボリーは次のように語る。

『スモーキー・ロビンソン、フォー・トップス、スプリームス。彼ら全員がマイケルを見てこう感じたようだ。”君の時代がきた”と。』


「Beat It(今夜はビート・イット)」といえば、マイケルが着ていた赤いジャケットが強烈なインパクトを持っていました。

『あの赤いジャケット。あれを着ていないと街を歩けなかった。私も持っていたわ。』
(メアリー・J・ブライジ)

『みんなジャケットを持っていた』
(ビヨンセ)

『どんなに治安の悪いスラム街でも、あれを着ている奴がいた』
(ワイクリフ・ジョン)


スリラーのPV(ミュージックビデオ)は14分で当時としては前代未聞の長さであり、世の中に強烈なインパクトを与える内容だ。

『スリラーを見るために友達と学校をサボった。』
(メアリー・J・ブライジ)

『マイケルのビデオを見るときは録画の用意をして友達とテレビの前に集まったよ。テレビで放送される一大イベントだ。他のテレビ番組を見るのとは違う。』
(カーソン・デイリー)

『どんなにお金をかけても、マイケルにはかなわない』
(シャギー)


3,Part Ⅲ

・Bad(バッド)
・Dirty Dianna(ダーティ・ダイアナ)

このチャプターでは、アーティストとしてのマイケル・ジャクソンを同じアーティスト達がいかに尊敬しているかが分かる内容となっている。

『音楽を学ぶのに一番いい教材はマイケル・ジャクソンよ』
(ジル・スコット)

『ミュージシャンのバイブルだ』
(ワイクリフ・ジョン)

『エンターテイメントのレベルを上げた』
(アイザック・ヘイズ)

『流れを作り、レベルを上げた』
(シャギー)

『彼の基準はとても高かった。彼が持っていたアイデアを超えるビデオは今でもあまり見られない』
(カーソン・デイリー)

『”セレブ”は一般的になったが、マイケルは特別だ。マイケルの真似は誰もできない。』
(ファレル・ウィリアムス)


4,Part Ⅳ

・Heal The World(ヒール・ザ・ワールド)
・Black Or White(ブラック・オア・ホワイト)
・One More Chance(ワン・モア・チャンス)

「Heal The World(ヒール・ザ・ワールド)」の歌詞にも表れているように、マイケルは慈善活動にも非常に力を入れていた。

アイザック・ヘイズはそんなマイケルのことを次のように語る。

『エルヴィス・プレスリーやビートルズのようなアイコンはいたが、マイケルには大きな影響力があった。マイケルの魅力は人道主義者なこと。彼は世界中の人のために尽力した。多くの愛を与えた。繊細な青年だ。彼は世界を変えたんだ。』


「One More Chance(ワン・モア・チャンス)」はかなりの名曲だ。

過去にシングルCDが出たが、現在は絶版になっている。

One More Chance
Michael Jackson
B0000WN1V8

しかし、下記の2枚のアルバムで「One More Chance(ワン・モア・チャンス)」を聞くことができる。

Amazonで試聴できるので、聞いてみて欲しい。

NUMBER ONES
マイケル・ジャクソン
B0000E2FL9


エッセンシャル・マイケル・ジャクソン
マイケル・ジャクソン
B000A3H6EA


と、まぁ、こんな内容だが、ここに掲載したのは、このDVDのほんの一部だ。

DVD「ザ・ワン」の良いところは、他のDVDにはないマイケルの姿が観られるところだ。

たとえば、スタジオで曲の収録中にマイケルが踊っているシーンなんて、私が一番好きなシーンだ。

なんだか、観ていてニヤけてきてしまうほどカッコイイ。

また、インタビューをされた人たち全員が、すごく嬉しそうな顔をしてマイケルについて語るのが非常に印象的だ。

マイケルの本当の顔、アーティストとしての本当の顔を知りたい人はぜひ見ておきたいDVDだ。

ザ・ワン [DVD]
マイケル・ジャクソン
B0009J8GJ4

↑実は、マイケルのDVDの中で、私が一番繰り返し観ているのがこのDVDだったりします。

サイト内検索

ニューズウィーク日本語版 定期購読

Newsweekのお得な定期購読

政治家・経営者・投資家なら必ず目を通している雑誌「ニューズウィーク(Newsweek)」。
情報があふれる時代だからこそ、信頼性のない情報に惑わされないように質の高い情報源を手元に置いておくことは重要です。
世界の一流どころから愛読されている情報源をお手頃価格で手にすることができる「ニューズウィーク」の定期購読。
今なら1冊450円が280円に!私も購読していますが、毎週、世界の最新目利き情報が送料無料で届きます。
インプットする情報が変わればアウトプットが変わります。

本やDVD、CD、グッズをお得に買うなら

This Is It Silhouette Collage Black (Tシャツ) (Size: L)

MJ関連の書籍、DVD、CDを買うならAmazon(アマゾン)がオススメです。1500円以上なら送料無料。モノによっては店舗より安く買えますし、ポイントも付きますので次回以降の買い物で安く買えます。また、絶版になった商品でも中古で買うことができます。

楽天ポイントが貯まっている人は、楽天市場でもMJ関連商品を買うことができます。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]

三四郎(夏目漱石) 一度は読みたい日本の名作文学

福島 ブライダルローン